商品情報「HOYA サンテック ミスティー」

サンテック『紫外線で色が変わるレンズ』 ミスティカラーシリーズ

HOYA 調光レンズ『サンテックミスティー』
 
インドアからアウトドアヘ。

お気に入りのメガネが、紫外線をうけたとたん、
サングラスに変身。
サツと色づく、えっ!と見つめられる
                 ・・・ちょっと快感。
アッシュグレイ、ロゼ、ブルー。
上品なきれいめカラーだから、
どんな場所へも気軽にかけて行ける。
新感覚のメガネレンズ、サンテック・ミスティ。
手に入れたのは、新しい自分だと思う
ミスティーカラー3色
アッシュグレイ ロゼ ブルー
ひとつのメガネで、ふたりの自分をプロディース。
流行の幅の短いフレームにも、ふちなしフレームにも対応。
ディープな定番カラーのサンテックブラウン、サンテックグレイも含めた5色から、
あなたのイメージにピッタリな組み合わせが自由に選べます。
ミスティーカラー3色
サンテックミスティーは様々な場面で活躍!
サンテックネオ 温度別発色/退色曲線
温度別発色/退色曲線 ミスティーアッシュグレイ クリックすると拡大します。 温度別発色/退色曲線 ミスティーロゼ クリックすると拡大します。
温度別発色/退色曲線 ミスティーブルー クリックすると拡大します。 クリックすると拡大します。

サンテックミスティー 対応製品ラインナップ
HOYA調光レンズ『サンテック ミスティーアッシュグレイ』 HOYA調光レンズ『サンテック ミスティーロゼ』 HOYA調光レンズ『サンテック ミスティーブルー』
ミスティーアッシュグレイ ミスティーロゼ ミスティーブルー
単焦点レンズ
商品名 屈折率 アッベ数 コーティング コメント
ニュールックスEP1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
薄型両面非球面レンズ
リマーク1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
新設計・新機能レンズ
ニュールックス1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
薄型非球面設計レンズ
ハイルックス1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
薄型球面設計レンズ
HOYA 調光レンズ『サンテックミスティー』単焦点レンズの価格はコチラ!

遠近両用レンズ
商品名 屈折率 アッベ数 コーティング コメント
ホヤラックスiD 1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
両面複合累進設計【BOOM】
最高性能を誇る遠近両用。
ホヤラックスFD 1.60
サンテックMISTY
1.60 41
VP
両面複合累進設計【BOOM】。
価格を抑え、装用感を向上。
ホヤラックスサミットプレミアム
1.60 サンテックMISTY
1.60 41
VP
外面累進設計。最新技術を大幅投入。進化した遠近両用。
ホヤラックスサミットプロ/CD
1.60 サンテックMISTY
1.60 41
VP
外面累進設計。
HOYA 調光レンズ『サンテックミスティー』遠近両用レンズの価格はコチラ!

サンテックネオカラーについてはコチラ

夏場、調光レンズの色変わりが鈍くなる原因について
すべての調光レンズは『温度依存性』と『紫外線依存性』という2つの性質がございます。

温度依存性質・・・温度が低い時ほど、色変わりが高く、色が濃い状態を持続します。
温度が高いと、レンズ表面の温度も上がり、色が変化している状態を維持できず、
直ちに退色(色が薄くなる)をはじめます。

紫外線依存性質・・・温度には関係なく、紫外線の量が 『多い時⇒色が濃くなる』
『少ない時⇒色が薄くなる』


この性質により、晴天の日において『夏場の海辺よりも、冬のスキー場の方が、
色が濃くなり、それを持続する』という減少が起ります。


HOYA『サンテック』シリーズについて
通常の調光レンズは、素材自体(レンズに練り込み)に『調光機能』がございますが、
『HOYA サンテック』シリーズは、特殊なコートによって、レンズ表面のみに『調光機能』を有しております。
レンズ裏面からの紫外線に関しましては、色が変わりません。
■ご注意下さい。

@調光機能を凸面側にもたせておりますので、凹面側から紫外線を照射してもレンズ素材に紫外線カット効果(UV-BAN機能)が施されており発色しません。

A水滴などがレンズに付着した場合、付着部分の温度が変化するため、水滴の付着していない部分と色の濃さが異なる場合がありますが、水滴を拭き取りますと改善します。


Bレンズ凸面のキズやコートの剥離した箇所は、調光機能が失われます。

C調光レンズの特性上、経年変化が起こりますので、片玉受注はお受けできません。

D装用環境(気温・天候・紫外線量)の条件の違いによって、濃度変化および色調変化が異なります。

E通常、窓ガラスの内側では紫外線量が減少しますので、発色機能が低下します。


F光源の種類によって干渉縞が見えることがありますが、異常ではありません。

Gレンズの染色はお受けできません。

H濃くなった状態から淡く戻るまでに多少の時間がかかります。バイクや車の場合、トンネル内や屋内駐車場などの暗い場所や、夕暮れ時の運転には不適当であり場合によっては大変危険です。

I発色した状態でメガネケースなど、紫外線が遮断されるところに保管しますと色が残りますが、再度紫外線を受けますと元に戻ります。


J本製品は自然光の紫外線カット機能がありますが、溶接作業や業務用の紫外線保護メガネとしては使用できません。専用の保護具をお使いください。
ページ上へ 前のページへ