サングラスレンズの情報ページTOP > 東海光学 ルティーナ(LUTINA)

2014年12月1日発売
ずっと健康であるために。
これからはアイケアデザインがスタンダード。
光りから眼を守るケアレンズ登場。
 健康を奪う眼疾患には、実にさまざまな種類が存在しています。なかでも、加齢黄斑変性は、身近でありながら恐ろしい眼疾患のひとつ。眼の中にあって、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって、この疾患が引き起こされるという報告があります。
 そのルテインは、緑黄色野菜、とりわけ、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取以外では、体内で産生することができず、眼の健康のために、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。そこでTOKAIは、紫外線をカットするだけではなく「ルテイン」の損傷を防ぐ、からだ想いのケアレンズを開発しました。TOKAIが提案するアイケアデザインが、これからのメガネレンズのスタンダードを創っていきます。

酸化ストレスやルテイン(色素)劣化に影響が大きい光りの範囲 400〜420nm
ルティーナについてわかりやすく漫画でご紹介(クリックすると拡大します。)
※ご注意!
 ルティーナは短波長光をよりカットする機能を持たせるため若干着色しています。また光源によりレンズ色調が変わって見える場合があります。
ルティーナの価格はコチラ